MAYBE BLOG メイビーブログ

2017.07.27

【ゼクシィSPARK!】と僕の想い

こんにちは!

MAYBE WEDDINGの横山です

先週土曜日の7月22日MAYBE WEDDINGを掲載して頂いたゼクシィSPARK!が発売となりました

TSP2017_記事34_PDF_0623 (1)-06

そもそもこのゼクシィSPARK!の存在を初めて知られた方が多いかと思います

 

そんなワケで今日はゼクシィSPARK!に参加させて頂いたMAYBE WEDDINGの想いを綴らさせて頂きたいと思います

少々長くなりますが是非お付き合い下さいませ

 

このゼクシィSPARK!という冊子は昨年の7月23日に初号が発刊となりました

冊子のコンセプトは、「広告掲載を一切しない(掲載依頼者から掲載料を頂かない)」、「オリジナリティの高い珍しい形のウェディングへのフォーカス」というものです

昨年発売となった初号は「ぶっ飛びウェディング!」というニュアンスがとても強かったのですが、2号目となる今号は「ぶっ飛び具合はさらに強く!でも!全て実現できるウェディング!」というニュアンスに強く拘りを持っています

TSP2017_記事34_PDF_0623 (1)-03

そんな中、僕が初めてゼクシィ編集長の今西さんとディレクターの生駒さんにお会いしたのが昨年の10月でした

「一緒にゼクシィSPARK!しない?」と声を掛けて頂けた時は本当にびっくりしたし、正直「大丈夫かな?」という恐れの方が大きかったです

でも、僕の中のウェディングに対する想いとゼクシィSPARK!、今西さん、生駒さんの考えに凄く共感を抱く点が多々あったのと、せっかくこのチャンスをいただけるのであれば、僕が国内・アメリカで学んできたことを駆使して自分の中にある結婚式への想いを発信する最高の舞台だ!と思ったのが全てです

 

そもそも僕がMAYBE WEDDINGをスタートした想いの中で

「結婚式は何だかんだ言ってもやった方がいい」

という考えがあります

でも、この考えを皆に話すと、ほぼ間違いなく

「いや~高いでしょ?」

「めんどくさいな」

「結婚式って現実味無くてよくわかんない」

という答えが返ってきます

僕はそれが今の結婚式に対する見方の現状だと思います

何も間違っていないと思います

寧ろそれが全てだと思います

 

もう一つ僕の中で物凄く腑に落ちない事が近年ありまして

「結婚式場の結婚式はどこも同じでつまらない。だから自由に出来るフリーランスウェディングプランナー!しかもお洒落!」という訳のわからないクソッタレなふれこみです(Excuse me)

ただただソレってタイプの違いだけの話で、結婚式場で行う結婚式がAタイプであるとするならば、フリーランスに頼んで結婚式場では無い会場で行う結婚式がBタイプってだけの話です

そもそも比較する話ではありません

 

本当に綺麗事かもしれませんが、僕は世の中に「間違った結婚式」や「イマイチな結婚式」なんて存在しないと思っています

 

でもやっぱり人と違う事を考えたり、実行したりすると、どうしても【これはセオリーとは違うからNGなのではないだろうか?】という考えが生れてしまうと思います

 

特に結婚式は古来の考え方や習わしを全てで考えたら「儀式」です

それは何も間違っていない

 

でも結婚式(所謂式典(セレモニー))はそうあるべきだと僕も強く思いますが、その後のパーティーは純粋なお祝いの気持ちがあれば、間違いなんて存在しないと思っています

 

僕はアメリカで沢山の結婚式を見たりお手伝いさせて貰った

 

ヒルトンの最上階で300人招くビバリー在住新郎新婦さんの結婚式…

ビーチでテントを組んで音楽ガンガンにかけて翌朝近くまで踊り狂う結婚式…

レストランで家族や親しい友人を招いてサンセットを眺めながらゆっくり食事する結婚式…

自宅の庭でガーデンパーティーしながらBBQを楽しむ結婚式…

仕事帰りに作業服のまま2人だけで教会へ行って牧師さんにお祈りしてもらい、その日の夜は2人だけで自宅でゆっくり食事をする結婚式…

 

その全部が結婚式であって最高も無いし最低もない

お洒落なのかダサいのかなんて知らないし、そもそもそんな事に微塵も興味すら沸かないし、申し訳ないですがはっきり言ってそんな事はどうでもいいです

 

「僕はMAYBE WEDDINGを通じて、あなたに「結婚式したい!」と思わさせられるか否かとガチで勝負したいです。そしてMAYBE WEDDINGを見て「は?これアリなの?だったら私はこうやって結婚式するわ!」って気持ちになって欲しい。それが結婚式場での結婚式なのか、違う場所なのか、多人数なのか、少人数なのか、ドレス着てんのか、着物着てんのか、お洒落なのか、ダサいのか、MAYBE WEDDINGを使うのか、MAYBE WEDDINGを使わないのか…そんなのはっきり言って僕には関係ないし、興味も無い。そんな見栄え事よりも、結婚する事であなたに思いやりと感謝の気持ちが溢れて来てます?だったら何も要らないです。僕はやっぱり皆に結婚式して欲しい。それぐらい結婚式はあなたの一生の宝物になると断言できる」

 

それが今回のゼクシィSPARK!でMAYBE WEDDINGが伝えたかった事です

TSP2017_記事34_PDF_0623 (1)-01

勿論、MAYBE WEDDINGをやりたい!と思って貰えるのなら、僕の全力でお手伝いさせて頂きます

でもそれすらも正解でも無いし、不正解でもない

ただのチョイスでしかない

 

紙書いて、ハンコ押して、役所に出せば夫婦?

間違っちゃいないと思うけど…

けど…

けど…

けど…

でもやっぱり「おめでとう!」くらい言わせてよ~!(笑)

っ思うのです

 

もしも、今、結婚する事を考えている方

そして、知り合いでそんな方がいらっしゃいましたら是非言ってあげて欲しい

「何か、結婚式って思いやりと感謝の気持ちがあれば自分達の好きなようにやればいいらしいよ!でもやらないのはダメなんだってさ!」

って伝えてあげて欲しいです

 

申し訳ありませんが、これからもMAYBE WEDDINGはMAYBE WEDDINGの好きなように結婚式をお手伝いしていきたいと思います

 

僕の中では「MAYBE WEDDING」こそが最も「PERFECT WEDDING」ですので

 

お後が宜しいようで